●Love Spiritual Peace(ラブスピース)とは●
   Love Spiritual Peace と dozen/Ren




2009年07月01日

自分に優しく作業をする

090628-01-02.jpg

バルコニーに屋根を作り始め、慣れないことは疲れるのだが、ものづくり自身が好きだし、面白いので結構楽しくやってる。

手伝ってくれている全仙は、どうなのかな?

全仙のブログ⇒見つめる「わたし」

単純な作業の連続の中にも色々と思うことがある。

例えば、自分に優しく作業をしているだろうか?






The blog of my lover.      Renlogo-1.jpg   
【Lotus Diary〜Ripe Of Source/dozen〜】



ただ単に釘を打ったり、ビスを留めたり、ノコギリで切ったりの作業の中に、自分に優しく接することができているだろうかと振り返ってみて思う。

その瞬間というのは、確実に『面倒くさい』と思っているときだと気づいた。

面倒くさいからとちょっと無理な姿勢で釘を打ったり、ちょっと手を伸ばせば何とかできそうと脚立を降りて動かすのを面倒くさがる。

足元のものを動かせば、作業しやすいところに脚立が立てられるのに、そのものが重いからと面倒くさがって動かさずに、無理な姿勢を自分に強要する。

この『面倒くさい』と思い、その思いのままに行動することが自分の肉体に不必要な負担をかけることとなる。

そしてこの蓄積の結果が、腰痛や肩、背中の痛みとなって顕れる。

特に慣れない作業ではそれが顕著となる。

3日、4日もすれば、慣れないがゆえに、身体とくに下半身が踏ん張りが利かなくなる。

そして利き腕。

4日目になると、電動ドリルの作業がしんどくなってくる。

しかも屋根の上の不安定な場所での作業となると、色々と注意を払いながら行うからさらにしんどくなる。

雨なんかが降り始めると、ぎりぎりのところまで作業をしようと濡れながらも頑張る。

でもこれが本当に自分に優しいかどうかは疑問。

日常がスピリチュアルな探究の生活においては、集中力の持続が必要であり、そのために内的なリラックスを求められる。

でも、肉体の疲労というのは、その内的なリラックスを奪い、集中力を散漫にさせてしまう。

面倒くさいからとちょっと無理な姿勢を強いて作業をする。

で振り返って思う、もっと自分に優しく作業をするほうが、疲労も少ないはずである。

そのためには、作業に追われるのではなく、立ち止まるところで立ち止まり、しっかりと全体を見ながら、面倒くさいと思うことを面倒くさがらずに行う。

そのための下準備にもしっかりと気を配る必要があることも思い出した。

材料を置くのも、使うものから手前に置いていく。

作業スペースを確保するために、どけられるものはどけてしまう。

作業スペースと材料置き場の効率的な配置など。

なんとかなるだろうで始めるのではなく、どんなときにも自分に優しい日常でありたいと感じさせてくれた作業の日々であった。





聖なるイニシエーション
  http://dozen.seesaa.net/article/32926103.html

探究シップ募集中
  http://dragon-and-lotus.seesaa.net/article/108065338.html
  http://mixi.jp/view_event.pl?id=19638520&comm_id=1050449

Love S Peace Commumity
  http://mixi.jp/list_bbs.pl?id=1050449

ラブスピースとは
  http://lovespeace-ashram.seesaa.net/


【0906 Love Lifeの最新記事】
posted by dozen/Ryu at 22:57 | Comment(0) | 0906 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。