●Love Spiritual Peace(ラブスピース)とは●
   Love Spiritual Peace と dozen/Ren




2010年04月07日

男女性が溶け合う

070506-10-02.jpg


二人の人間が合意のうえでセックスという行為にかかわるとき、二人の「体」のすべてが溶け込む。
肉体以上のより精妙な「体」、つまりエーテル体、感情体、メンタル体のすべてが浸透し合うのだ。
心臓の形は、昔から愛情を連想させるものだが、実は、愛情を抱き合う二人のオーラ、言い換えれば卵型のエネルギーの場が部分的に重なり合い、溶け合う様子を示しているのだ。
二人が愛情で結ばれていようといまいと、性行為の際にはそうしたエネルギーの場の溶け合いが起こる。
実は、人は性交の最中に自分の魂・・・・・・をパートナーに向けて開放しているのだ。
だから、もしも互いに幸福を気遣い、案じる気持ちがないと、魂の部分で傷を負う危険がある。
もしどちらかが否定的、敵対的、あるいは無関心な態度をとれば、あるいは、相手を性的にりようしたいという欲望を持っていたら、肉体以外の「体」に傷をつけることになる。





これは、『愛しすぎる女たち 癒しのとき』の中に書かれている文章である。

これを読んで、なるほどなぁと思った。





The blog of my lover.      Renlogo-1.jpg   
【Lotus Diary〜Ripe Of Source/dozen〜】


簡単に表現されているものの、男女性の原理を上手く表現されていると思った。

『ワンネス』と表現されるように、本当は、誰も分離されることなく、繋がっている。

しかし、この3次元で肉体に生命が宿ることによって自我が芽生え、育まれていく。

この自我意識が、分離されていると感じる意識のもとになるもの。

それは、二元性という原理が働くがゆえに起こることでもある。


しかし、この次元でも、その分離感から解き放たれ、内なる神を蘇らす方法はあるのだ。

そのひとつがこの文章に表現されている『セックス』なのだ。

しかし、それは単なる『セックス』ではない。

本当に愛を育むための『セックス』でなくてはならないのだ。

ラブスピースでは、これをただの『セックス』と区別するために、『スピ(リチュアル)セックス』と表現している。

霊的な成長とは、自らの内なる自己を蘇らせていくことである。

その過程は、簡単に表現すると、自らのスピリットが根源に向かって融合していくということになる。

この本の表現を使うならば、根源と『溶け合う』ということ。


蓮と俺の場合、スピリチュアルパートナー(聖なる関係)であるがゆえに、この『スピセックス』は非常に大きな意味を持つ。

コーネリアン(蓮の1stスピリット)とコーディエス(俺の1stスピリット)のエナジーが融合していくことは、イコール蘇りなのだ。

コーネリアンとコーディエスは、スフマー(蓮と俺の7thスピリット)で繋がっている。

つまり、段階はあるものの、コーネリアンとコーディエスが融合(溶け合う)することは、スフマーに統合することに他ならない。

スフマーは7番目のスピリット。

この霊性が、この3次元の肉体に蘇り、この地上に存在するとなると・・・、すごい!としか言いようがない。

どんな霊的豊かさがもたらされるかは、俺の想像力を超えてしまっているからすごいとしか言えない。


冒頭の文章は、読んで、「ではそうしましょう!」というほど簡単なものではない。

神聖なる愛を本当に蘇らそうとする自分と、意志を同じくするパートナーが必要になる。

そして『スピセックス』によって内なる自己を蘇らす。

男女性原理は、内なる神の蘇りに非常に密接な原理なのだ。
 




【ラブスピースとは】
  http://lovespeace-ashram.seesaa.net/

【探究シップ募集中】
  http://dragon-and-lotus.seesaa.net/article/108065338.html
  http://mixi.jp/view_event.pl?id=19638520&comm_id=1050449



【dozenへ問い合わせ】
  http://form1.fc2.com/form/?id=517688



【1004 Love Lifeの最新記事】
posted by dozen/Ryu at 21:08 | Comment(2) | 1004 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パートナー(異性)を求めてしまうのは、私は今まで、自分は不完全であるという錯覚から発するのだと考えていました。
なので、その願いは手放すものだと思っていたんです。
しかし、蓮さんと龍さんのブログを読ませていただいて、お二方の関係性にとても魅かれました。
私のパートナーを求める思いは、不完全さを表したいのでは無く、完全さを体験したい(表現したい)という思いなのではないかと感じてきました。
Posted by エム at 2010年04月08日 12:39
>エムさん

コメントありがとうございます。
パートナーと自分というのは、自分の中の男女性を現すものと思います。
なので、パートナーを求めるのは、自然な流れだと思いますよ。
Posted by dozen/Ryu at 2010年04月10日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。