●Love Spiritual Peace(ラブスピース)とは●
   Love Spiritual Peace と dozen/Ren




2006年12月14日

インチャとエネルギーの循環

またまたインチャのスパイラルが訪れてきている。

その気付きとなったのが先日、娘にDVDを買ってきて欲しいと頼まれ、引き受けたことに始まる。

頼まれた商品が到着し、娘が観ようとしたのだが観れない。
電話が掛かってきて、どうなってるのかわからないから早く帰ってきてと言う。

そしていつもより早く帰り、何気にDVDのケースの裏を見た。
すると「DVD方式」、「HD-DVD方式」などの説明が書いてある。
DVDに、「DVD方式」、「HD-DVD方式」などがあるとは知らず、「DVD方式」でなければ観れないものを「HD-DVD方式」のものを買っていたのだ。

IMG_0062-1.jpg

次の日、交換ができるかどうか調べてみると、「未開封」のものとある。
「あ〜・・・。」と諦め、新たなものを購入することにした。

そして商品が到着し、今度は観ることができたのだが、ケースが割れている。
よくある話しではあるのだろうが、自分の小遣いで買った娘は納得しない。

次の日、問い合わせをしてみた。
ついでに、間違って購入したDVDの返品の件も問い合わせてみた。

問い合わせの回答は、破損している分は交換の対象なので、新たに発送するとのこと。
間違って購入した分は、今回に限り全額返金しますと快い対応をしてもらった。

そして次の日、また娘がCDなどがいくらなのか調べてほしいと頼んできた。
調べてみたが、興味の無い俺にはどれが欲しいのかわからず、とりあえず大体これぐらいと伝えた。


この出来事をよく見てみると、俺の弱点が具現化されていたのだ。

具現を身体の特徴から読み取る −3−(http://dozen.seesaa.net/article/29147298.html)の記事を書いて再認識した、自分を見ることが苦手という弱点からくるバランスの悪さ。
そしてこの出来事は、インチャの自己中心的なモノの考え方を見逃したために起こっているエネルギーの流れが上手く循環していないことに気付かせてくれた。

娘が欲しいものを自分で探さずに、親(俺)に頼み、楽に手に入れようとする。
それに気付かずに俺は引き受けたのだが、俺が間違って購入したために、返品などという本来ならばやる必要のない作業があり、しかも、注文を間違ったのは俺だから、しかたなく不必要な出費をしている。
しかし、新たなDVDの破損があり、その出費は免れた。

これをエネルギーの流れで見ると、
シンプルでスムーズなエネルギーの流れの場合、

娘→(お金というエネルギー)→業者→(DVDというエネルギー)→娘。

というエネルギーの循環でよかったはず。

しかし、ここに俺が入ることで、

娘→(お金というエネルギー)→俺→(お金というエネルギー)→業者→(間違ったDVDというエネルギー)→娘→(間違ったDVDというエネルギー)→俺→(お金と時間というエネルギー)→業者→(DVDというエネルギー)→娘.

ここに本来不要な俺が入ることで、娘、俺、業者ともに無駄なエネルギーを流しているのだ。
要は、コントロールドラマが俺と娘の間に起こったことで、業者を巻き込んだ無駄なエネルギーのやり取りをしてしまった。

このコントロールドラマは親子という関係におけるもの。
極端な話し、子供の頼みは何でも無条件に引き受けてしまう。
この背後には、親の責任の履き違えがある。

子供を育てるのは親の責任。
この責任が、単に楽しようとしている子供の姿勢までも正当化してしまうのだ。
子供のやることだからとか、子供だから大目に見るなどと子供の自己責任まで奪ってしまう。

ということは、子供の存在を認めていないということに繋がる可能性もある。

この学びがまたスパイラルが戻ってきた。
そしてそれに気付いた。

しかもエネルギーの循環という視点まで見えてきた。
ということは、エネルギーの流れを見ることが今の課題と思う。
抱き込んでいる不要なエネルギーを解放するには、シンプルにスムーズにエネルギーを流せばいいだけと言われているのだ。

それに気付いたからこそ、俺が見落としたために必要になったエネルギーの一部(不要な出費)は俺の元に帰ってくるのだ。
でも、見落としたために必要になったエネルギーの一部は(返品作業をするのに必要な時間)戻ってこないのだ。




聖なるイニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ
posted by dozen/Ryu at 17:25 | 0612 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする