●Love Spiritual Peace(ラブスピース)とは●
   Love Spiritual Peace と dozen/Ren




2013年02月16日

130106 影?

080415-01.jpg

蓮が最近、影を見ると言う。

どんな影かと言うと、

サッと動いたり、今この場にいないはずの人が、すぐそこに立っていたりというような影だという。

そんなリアルな影ではないが、俺もここ数ヶ月前から、影のようなものを見始めているのを思い出し、蓮へ話した。





The blog of my lover.      Renlogo-1.jpg   
【Lotus Diary〜Ripe Of Source/dozen〜】







その影のようなものは、例えば、暗い場所で、視界の片隅で、人か座っているように見える。

しかし、そんな場所に人が座ってるのはおかしいと思える場所であったり、また、見える影が人ではなく、この世のものではない生き物のように感じたりする。

実際に、その影を見えたほうを見ると、背の高い植木が植わっている鉢であったり、看板であったりすることがほとんどなのだが、どちらかというと心地悪いほうで、何かしらの影とは思いたくはないというのが正解かもしれない。

俺の影の話しをすると、蓮もこのような影を見たことが過去にあるらしい。

それは、2005年の根源に繋がった後のしばらくの間のことらしい。

その一つに羽音の話しがあった。

その出来事は、俺も覚えている。

それは、蓮が根源と繋がった日の帰りの出来事。

帰り道、京都市内の五条通りにあるコンビニ前で、タバコを吸うために車を停車させていた。

すると、突然背後からバサッっと大きな羽音がしたのだ。

蓮も俺もびっくり!!

周りを見渡しても鳥がいたとは思えないし、たとえ鳥がいたとしても、鳩や鶏程度の羽音ではない。

感覚的には、片方の羽が2mぐらいで、しかも、俺や蓮から1mも離れていない場所から羽ばたくような感覚だった。

この羽音は、俺の記憶の中では大天使ミカエルのものだったという結論が後でリーディングか何かをして出たと思うのだが、蓮の記憶ではそうではないく、このへんの記憶は、今となっては曖昧。(笑

いずれにせよ、その時は何が起こったのかもわからず、とにかく驚き、不気味だったという記憶が残っている。

( この話しは、蓮ブログに載ってるので、興味がある人は 蓮ブログ を探してみてね♪
 俺は見つけられなかったけど……。)


蓮の経験から、俺が見ている影は、おそらくクンダリーニの昇華によるものだろうという結論になった。

思い出せば、俺もソースからのギフトとして、クンダリーニの昇華を経験している。

(と言っても、蓮ほどのクンダリーニの昇華をしているわけではなく、クンダリーニの昇華といっても、質はそれぞれあることがわかる。)

その際に、頭頂部にフォーカスするようにとコースに頭をポンと叩かれたのだから、忘れようもない。

見えない高次の存在のコースが、イニシエーションの際に蓮を媒体にしてポンと叩かれたのではなく、蓮を媒体にせずに叩く。

つまり、物理的な肉体を持たない高次が、俺の頭をポンと叩くような何らかの方法を用いたということ。
だから印象的で、忘れようもないのだが、どんな方法かは、未だわからない。


話しは色々横道にそれまくっているが、この影は、おそらく次元の違うものなのか、パラレルワールドの存在ではないかと思っている。

こちらの動きに対して何かしらの反応を起すわけでもなく、幽玄のような念を持っているのも感じないからだ。

とにかく経験するに心地悪いとしか言いようがない。


この話しをした日以後に経験した話しで、これは蓮に話してはいないのだが、先日は、明らかにこの世のものではない影が俺に向かってきた飛び込んでくるような出来事があった。

夜、隣のキッチンには誰もいないので電気は点いていない。

そのキッチンへ行こうと部屋のドアを開けた瞬間、右手の扉の死角になっているところから、サッカーボールぐらいの大きさの顔のようなものが彗星のような尾を引きながら、一瞬にして俺に飛び込んできて、そのまますり抜けた。

心臓が止まるかと思うぐらい驚いたという経験もした。

これらの影は本当に心地いいものではない。









地球は今、小さなアセンションを繰り返しながら、次元のシフトに向かいつつあります。

地球に住む我々人間にとっては、他人事ではありません。

あなたも、他のライトワーカーや探究者とともに、このシフトに向かうために立ち上がるときがやってきています。

あなたができることはわずかかもしれません。

でも、そのわずかが、地球規模で広がったとしたらどうでしょうか?


あなたの成長が、この地球への、宇宙への貢献なのです。

一緒に成長しませんか?


探究の申し込みは以下でどうぞ。 
【2013年3月開門 探究者 受付(〆切2/23)】







posted by dozen/Ryu at 15:09 | Comment(0) | 1302 LoveLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。